スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問い合わせをくださった方へ

このブログに記載した内容から、
先日以来の騒動の人物に関する取材をしたいとお問い合わせをいただいた方へ

うちうちでならできる話というのは、うちうちのなかでのみ成立するものです。
それは世間には出すものではないと思いますので、
もうしわけありませんがお話の件はお断りいたします。
彼が犯したとされている犯罪を庇立てをするつもりはありませんが、
やはり、同級生というのは永遠に同級生ですし、
そのネットワークで知っていた情報なり、
抱いた感情なりはそこだけで共有しうるものだと思います。
いただいたコメントにはメールアドレスらしき記載がありましたが、
それが途中で切れておりまして返信できませんので、
この場を使い返事とさせていただきます。

ブログDARK HEAVEN管理人MAYA
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

表情の現れ方と性格に関する一考察…モドキ

目は口ほどに物をいいといいますが、
表情には多くのものが出てくるように思います。
過去の経験とか思想信条まで。
そろそろ自分の顔に責任をもたなきゃいけないと、
いわれるお年頃なものですから、
本当は人のことを観察している場合じゃないんですが、
このところなんとなく結像してきたことがあります。

それは、感情が高ぶったときの、
表情の動き出す起点となるポイントと性格的な特色には、
関連があるんじゃないかなということ。
感情が高ぶるといっても、怒ることだけじゃなくて、
喜怒哀楽すべてにおいてね。

別に心理学的な裏打ちも、統計学的データもないですから、
所属していた心理学のゼミの教授に聞かれたら、
怒られそうなヨタ話ではありますが、
私の経験則ではおおむねそうなんだものさー。
話半分で聞いてくれればさいわいです。




【おでこから表情が動き出すタイプ】
のっけからわかりにくい表現ですが、
感情がノルと体全体が前傾してくるタイプのこと。
その中でも頭(おでこ)から身をのりだすタイプ。
一度のってくれれば力になってくれるのですが、
突然覚められてしまうクールなタイプだともいえます。
二面性があるように見えますがそうではなく、
自分の熱意に忠実な人なんだと思います。
菅直人とか、石田純一は潜在的なこのタイプ。
でも、いちばんわかりやすいのは爆笑問題の太田光。

【眉と眉との間から表情が動き出すタイプ】
思索が深いため、最初こそとっつくにくいですが、
一度心を開けば終生の友となるタイプ。
ただし自分にも厳しい分、他人にもそれなりに厳しい。
時として決断事を自分のペースで処理するために、
場合によっては決め事をまかすと、
いつまでたっても決まらないか、
全部を自分だけで決めてしまうことも。
けれども損得は度外視して動いてくれるのは、このタイプ。
橋本龍太郎、及川光博、安めぐみ、若槻千夏などがこの分類。

【鼻の穴に表情が出るタイプ】
なにかいいたい事があると鼻の穴がふくらむタイプ。
呼吸そのものに感情が直接出てくるため、
時として直情径行型とも思われがちだけれど、
ふだんは、それを隠すすべもちゃんともっている。
人と接するのが上手な人が多いのも特徴。
ただし、一度へそを曲げると、
頑として動かないのはこのタイプの悪いクセ。
小泉純一郎、浜崎あゆみ、高島彩、倖田來未はこのタイプ。

【上唇の中心から表情が動くタイプ】
いちばん可愛がられるのは、このタイプかもしれません。
基本的には甘え上手なあまえんぼさんタイプ。
多くの人から好かれるものの、
時として自分自身が実像と違う自分を演じていることに、
苦しむ人も多いかもしれません。
基本はあまえんぼなものの、実は論客でもあります。
だけれども、理不尽な論客でもあるのが玉に傷。
安倍晋三、浜田幸一、鈴木紗理奈などがこのタイプの典型。

【唇の左右どちらかから表情がはじまるタイプ】
頭が切れるタイプか、違うところがキレているか両極端。
自分の居場所さえ間違えなければ、
大物になるのがこのタイプ全般。
自分の思った事をストレートにだせない人が多いので、
まわりにいる人は大変だけれど、
まわりにいる人に大きな歓びを与えてくれる存在でもある。
よくも悪くも石原慎太郎。
また、Gacktさまなどもこのタイプ。
意外な事に次長課長の井上聡も、この天才肌タイプ。

【下あごが感情とともに前にでてくるタイプ】
根底にあるのは自信のなさなのだけれど、
時としてそれが虚勢を張る形になってあらわれる。
きつい言動が多いのも特色だけれど、
おさまる所におさまると、
よく気づくので評価の高いマネージャータイプに大化けする。
今流行りの、ツンデレでもあるってことですね。
浅野史郎、みのもんた、梅宮辰夫、劇団ひとりなどがそう。



これまでの生活の中で、
色々な人とお会いして接してきた中から、
なんとなく見えてきた経験則なんですが、
これはあくまで「目安」にしか過ぎません。
つまり、それだからこそ人間は面白いんですけれどもね。
え?、おまえさんはどのタイプかって?
どのタイプだと思いますか?(笑)

テーマ : 楽しく生きるコツ
ジャンル : ライフ

花の名前

働くことに集中することは、大事ではあるんだけど、
その結果、念願の一戸建ての家を建てられたとしても、
奥方が庭先で咲かせている花の名前が、わからない男性たち。
なにかがひどくいびつで、人としての魅力を感じることができない。

お金を出して、フラワーアレンジメント教室に通っているから、
ふつうには自生していないカタカナ名前の花はわかるのに、
そこに咲いている「つつじ」の名前が、わからない女性たち。
それでは身につくものもなく、伝えられるものも何もないでしょう。

花の名前ひとつに立ち止まることができないのは、
前に進んできたからではなくて、ただ流されてきたから。
目の前にきたはずのものを、ただただ流してきただけ。

花屋さんになるわけじゃあないから、
なんでもかんでも知っていることもないのだけれど、
この国の四季に過ごしゆくのなら、
最低限知ってなくちゃいけない、花の名前はあるんだと思うよ。
「桜」、「梅」、「椿」、「牡丹」、「つつじ」、「さつき」…

ネクタイ

ネクタイ=アパレル業界の錬金術。
全然、等価交換ぢゃないぞ!
ネクタイ、クリーニング代もなんか腹がたつ。
ネクタイ、センスでケンカするタネ。
ネクタイ、誰からのプレゼントかでケンカするタネ。
いいことないぞ!、ネクタイ!
ゼェハァ、ゼェハァ…

Instrument

楽器をずっとやっているか、仕事にしている友達を長いこと見ていると、
楽器が人をつちかったのか、
そーゆー性格だから、その楽器を選んだのかってくらい、
言動と楽器には関連があるみたい。
ただ、あくまで、わたしの周囲の話、検証できるものでもないから、
雑談だと思って読んでね。

おおむね、
弦楽器のヒトが協調性を発揮して全体の行動をまとめ、
もれなく管楽器がひっかきまわしてくれてます…
演奏スタイルとおんなじじゃんってコトで。
打楽器は、ここぞという時にリーダーシップを発揮してくれるものの、
逆にいうと「ここぞ」の時だけしか力をだしてくれない。
ウタの連中は、どんなカタチでも自分の意見を通すすべを知っていて、
凄い参考にはなりますが、ふだんが、やや大変…(爆)。やや…
そしてピアノは、にこやかなんだけど、怒らすと怖い傍観者。

楽器をやってる連中に言わすと、
わたしのコトは、ピアノ科の中にいそうな人に見えるそうです。
が、それは喜んでいいのかどうなのか…、
譜面押さえる程度で、わたしピアノは弾けませんから!(笑)
とかいう問題じゃなくて、断念したとはいえ、
わたしの楽器はピアノじゃないんだけどなー。
↑なんか言い訳めいてるゾ

湯を沸かす

…沸かすのは「水」だろうにと、いつも思う。
でも、水を沸かすとはあまり言わない。
助詞の使い方を考えるなら、湯「に」沸かす、
なんじゃないかな。
でも、これこそほとんど使わない。

日本語、難しいデス(笑)。
日本語の構造そのものが難しいのかと思ってみたが、
活用自体はルールがハッキリしているし、文法はシンプルだ。
難しくしているのは、日本人のメンタリティーに、
例外措置を好む傾向がインプットされてるからじゃないかなぁ?
つまり、ここだけの話ってヤツをつくりたがる方向性。

それって、知っていて右へならえをしていれば安泰だけど、
悪く言ってしまえば、
暗黙のルールのわからない方にはつらくあたるってこと…
ホリエモン(爆)?

でも、いまは、
しくみを分解し直して、まわりをよ~く見てみないと、
誰も湯を沸かせないゾ、とか考えてみたり。

スクランブル

時々、スクランブル交差点を見渡せる場所で、
いきかう人たちを見ているのがスキみたい。
気づくとそうしてることがある。

いきかう人の中には、いまは知らない同士だけど、
これから知り合う人たちも、いるかもしれない。
その出会いは、大事になものになるかもしれないし、
敵として立ちふさがる相手になるから、
いまのうちに、ぶん殴っておいた方がいい相手も、
いるのかもしれない(笑)。

でもねぇ。
ホントはひそやかに思ってるコトがあるんだ。
この人たちの中に、
ニンゲンぢゃない存在も、混じってるんじゃないかって。

当たり前でスルーしてる事柄って、
実は全然当たり前じゃあなくて、
仮定を積み重ねたまま、目をつぶってるだけだと思ったり…

かまどうま

プロフィールにわざわざ貼ってあるくらい、かまどうまは嫌いなんだけど、
このブログを見た友人が、「かまどうまって、どんな食べ物?」だと…
うげげ…いや…食べれませんから…
つーか、虫…

気になったんで、ワタシと違う地域に住んでる人たちに聞きまくってみました。
結論、かまどうまって言い方、全国区ぢゃないのかっ!ちょっと驚きデスた。

念のため書いておきますが「かまどうま」は、後ろ足がバカ長い、虫です。
便所コウロギという通り名の方が、まだわかるみたいですね。
湿度の高い土間や、田舎のトイレにゃ、よくわらわらとコレが出没しました。
コイツら人が来ても逃げません。むしろ寄ってくる~(汗)。

最大の恐怖は、人の靴やサンダルの中に入ってるコト…
気づかないで足を入れると!!!(自主規制)。

コイツらの事を、足がすぐモゲるからヤだ!という人が多いですが、
はっきり言います。
足がモゲなくてもヤだよ(笑)!

ローカライズ

マイクロソフトのヘルプや、MSNのサービス,
APPLEのOSや純正ソフトを使っていると、
かなりの頻度で、超直訳調なヘンテコな日本語にぶつかる。

もともと、英語のものを丸投げで、
各国語にローカライズ対応させてるだけだから、
全世界同対応という利点はあることと、
説明書作成コスト削減をはかれるのはわかるのだが、あんまりではある。

てゆーか、マイクロソフトにしろAPPLEにしろ、
日本法人には植民地的政策をしいてるのが、はっきりするわな。
(敷いてる&強いてる)

日本発で完璧な翻訳エンジンを開発するか、
日本法人を強くできる人間がでないかぎり、
肝心なところで、
コンピューターの説明がわかりづらい状況は改善できない。
OSの部分は、英語圏の人間ににぎられてるんだから。

「このアカウントは利用不可能で、一時的に説明します。」
ってなんなんだよ!である(笑)。
プロフィール

MAYA

  • Author:MAYA
  • 年齢・性別不詳
    生息地・東京空ノ下
    山羊座O型
    左利き

    skill:
    作文・おえかき
    ・料理

    love:
    南青山
    中川勝彦
    ペントハウスの夏
    ユキンコアキラ
    チキンライス
    崎陽軒のシウマイ
    秋山奈々
    声優
    Sauternes

    dislike:
    B型異性の一部
    かまどうま
    自動改札
    ツナ缶
    マヨネーズ
    シャンパーニュに苺
    鰻重に奈良漬


    元々はリアル環境に諸事情をかかえていたときに気分転換で匿名ではじめた個人的な日記ブログでした。MAYAというのは中学以来の一部でのニックネームですから、おわかりの人にはすでに誰だかわかっていたはず。もう、実名にしてもよくなったのだけれど、ネットでの交流がはじまっていた方もおり、複雑怪奇なことになりそうだったのでこのブログDARK HEAVENでのハンドルはMAYAで通すことにしました。プロフィールにあるようなよくわからないシュミの性別不詳、年齢不詳の「キャラ」として楽しんでもらえれば幸いです。時々、性別や年齢がわかる発言をしているのは愛嬌ということで。リンクやトラックバックはご自由にどうぞ。拍手は泣いて喜びます。こんなのでよければ仲良くしてね。
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。